ガレリアのようなゲームマシンなら断然高性能なものを選択しましょう!

ビデオカードは主に描写の処理を行う「グラフィックチップ」と画面に表示するための情報を一時的に保存しておく「ビデオメモリ」によって構成されています。また、グラフィックチップにおける有名なメーカーとしては「NVIDIA」もしくは「ATI」があり、ドスパラではカスタマイズ画面で選択が可能になっております。パソコンの使用目的にもよりますが、仕事での表計算やワープロなどによる文章作成、またはインターネットやメールなどに使うことがメインであれば画質などはあまり関係ないので標準の仕様でも何ら問題はありません。しかし、最近の流行りであるブルーレイや動画配信サイトでの高画質画像、高性能を要求するインターネットゲームや3Dゲームなどにおいては能力が不足し快適な動作を望めない場合もあります。そこでビデオカードのグレードアップが必要になるのです。

変更するメリットと大まかな判断基準は?

前述のとおり、ビデオカードは大きく分けて「NVIDIA」か「ATI」の2社から選択することとなってきます。両者の主な特徴は以下のとおりです。しかしながら極端に両者の性能が違うわけでもないのであくまでも目安として考えておく程度で十分です。

NVIDIA製GeForce系

geforce

比較的有名なGeForceシリーズはNVIDIAが開発したグラフィックチップです。一般的に3Dなどの描写性能に優れており、日本においてはドスパラのガレリアのようなゲームマシンに搭載されることが多くあります。また、兼価版から高性能なものまで幅広くラインナップされているのでこのビデオカードを基準に開発されているゲームも数多く有ります。当然、比較対象となるのはATI社のグラフィックチップとなります。以前は動画再生などの映像分野で遅れを取っていましたが現在は性能差はほとんど無く、むしろ2D的な画像を処理することに優れているのでゲームに最適の性能と言えます。

ATI製RADEON系

radeon

一部のマニアの中では絶大な人気を誇るRADEONこそ、ATI社の開発したGeForceのライバルビデオカードです。GeForceとは逆に映像や動画などの処理に優れておりますが、3Dに関する面では若干の劣りがありました。しかしながらGeForce同様、現在となっては性能差を感じることはありません。画像を続けて表示すると言った部分で優秀な性能を発揮するため、動画再生などには最適です。