PentiumDシリーズとCore2シリーズの比較

今や常識となりつつあるマルチタスク環境。デュアルコアをはじめ、クアッドコア、最近ではトリプルコアなども登場しています。これまでPCの主流ともいえたペンティアムシーリーズに変わりインテル製CPUの中核となりつつあるCore2Duoシリーズ。ドスパラのPrimeでも積極的に採用されています。これまで数多くのパソコンにペンティアムシリーズは搭載されてきましたが、多様化するコンピューターの使い方に応じ、CPUにおいても進化が求められています。その中で近年登場したCore2Duoは、性能だけではなく、消費電力などについても、前モデルを凌駕する性能を備えています。
ドスパラcore2

特に大きく強化された5つのポイント!

Core2シリーズにはデュアルコア以外にも、4つのコアを搭載したクアッド(Quad)CPUも用意されています。Core2Duoの良い点はそのままに、さらにコアを倍に増やし高い処理能力を秘めたワンランク上のCPUです。
ドスパラ
ドスパラに限らず各パソコンメーカーにおいてもCore2Duoが主流となっており、AMDなどのCPUメーカーも巻き込んでデュアルコアが一気に定着しつつあります。これまではインテルの低価格エントリーモデルであったCeleronにもデュアルコアが登場し性能だけではなく価格的にも購入しやすくなってきました。

同時命令における処理数がUP

同時に処理できる命令数が3→4命令に拡張されました。2つの命令を1つにまとめる事により最大5命令まで実行可能です。例えばウイルス検索をバックグラウンドで行いながら、快適に別のプログラムを動作させられます。

メインメモリへのアクセスを高速化

メモリの先読み回路を大幅に強化しただけではなく、予測した読み出し機能も実装したのでメインメモリのアクセスが最適されました。

大容量共有化

2次キャッシュについて、2つのコアが2次キャッシュを共有するのでコア間の無駄な通信や容量の柔軟な割り当てが可能になりました。

マルチメディアパワーアップ

今まで128bit命令を半分の64bitしてマルチメディアの命令を処理していたのを128bitで処理することが出来るようになりました。

省エネ

CPUのコアを細かくユニットに分けて使わない部分の電力を切ることによってムダな電力消費を抑えることが出来ます。

関連ページ

毎月3の付く日は中古買取の日
ドスパラでは毎月3の付く日は中古買取の日を開催。いつもの高額買取がこの日だけはさらにパワーアップして買取します!
Prime PC専用オプション SSDパック
ドスパラのPrimeシリーズでは流行のソリットステートドライブもオプションで装着することが出来ます。磁気ディスクを持たない記憶媒体なのでトラブルも少なくアクセス速度が飛躍的に向上しほぼ無音です
静音パック
ドスパラの得意分野、静音パックシリーズ。電源やクーラーなどの細かい部品に徹底的にこだわり、作り上げるドスパラの静音マシンは職場などでも快適な環境を作り出します。PrimeシリーズにBTOで組み込み出来ます
ガレリア専用水冷パック
ドスパラのゲームマシンガレリアシリーズ専用の水冷パックです。これまでのファンを廃止することによりドスパラの得意分野である、より一層の静音化とパソコン本体の安定した温度管理が可能になります