インターネットエクスプローラーでダウンロード先のフォルダを指定できなくなった

通常 Internet Explorer でファイルをダウンロードする場合、ディスクに保存するか、アプリケーションで開くかを設定するダイアログが表示されます。

しかし「□この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックを解除してしまうと、自動的にTemporary Internet Filesにダウンロードされるようになり、関連付けられたアプリケーションで開かれるようになります。元通り場所を指定してディスクに保存できるようにするには、次の作業が必要です。

エクスプローラを起動し、[表示]−[フォルダオプション] もしくは [ツール]−[フォルダオプション] をクリックします。 次に[ファイルタイプ (ファイルの種類)] タブをクリックします。

ダウンロード方法を変えたいファイルの種類を選択し、「編集」もしくは「詳細設定」ボタンをクリック。右下にある「ダウンロード時に開く確認をする」(ダウンロード後に常に開くように設定する)にチェックをして「OK」をクリックします。

ドスパラならWindowsXP搭載モデルの購入が可能です!

根強い人気のウインドウズXPモデルは最近購入しにくくなりつつあり、特に家電量販店などでは派手なVista搭載パソコンしか見かけない場合もあります。

やはり、一般的に動作の軽さや、使い慣れたインターフェイスでの扱いやすさなどを考慮するとXPを求める方は少なくありません。そこでドスパラは秋葉原ならではの品揃えを武器に、XP搭載のオリジナルマシン Prime を継続して販売しています。